シニア・アナリスト
Atlanta, United States

Biography

ボブ・メーラはバンキンググループのシニア・アナリストです。ブランチキャプチャー、リモートデポジットキャプチャー、デポジットオートメーション、チェックコンバージョン、画像イメージエクスチェンジ、IRDソリューションなど、手形処理プロセスを専門分野としています。

セレント入社以前は、Alogent にて、プロダクトマーケティングの責任者として、Check 21ペイメントソリューションの立ち上げを担当しました。

それ以前には、Stonebridge Technologies のシニアコンサルタントとして、eマーケティング、CRM、インターネットブランディング戦略、などを手がけました。それ以前には、Telemate.net Software、 BellSouth、 Hayes Corporation、 Procter & Gambleにて、マーケティングやブランドマネジメントに携わっていました。

Case Western Reserve Universityにて応用物理学と電子工学の学士号を取得しています。

Latest reports

  • 2017/10/09
    現金自動化の流れが銀行の支店や金庫といった領域を超え、小売業者に波及してからかなりの年月が経ちました。しかしこれまで、現金自動化テクノロジーの利用率は限定的でした。新たなソリューションの投入や、支店での取引を極力減らしたい銀行の思惑を背景に、リモート・キャッシュ・キャプチャー(RCC)は新…
  • 2017/09/29
    米国の支店チャネル変革の状況について、初めての調査を行ってから2年が経過した今、改めて進捗状況を確認しました。 本レポートは、セレントが実施する「支店変革調査パネルシリーズ」の第7弾です。北米で広がる「ブランチ・トランスフォーメーション(支店チャネルの変革)」の目的や優先順位、リスク、課題…
  • 2017/07/27
    オムニチャネルの実現は、多くの金融機関が考えている以上に先のことになるでしょう。
  • 2017/06/07
    大部分の銀行は、いまだオムニチャネルによる顧客エンゲージメントを実践できていません。この先の道のりは必ずしも長く、複雑なものでありませんが、金融機関の歩みは遅れているように見えます。 オムニチャネルの実現は、デジタルバンキングの重要な構成要素です。大手銀行の50%がオムニチャネル戦略の策定…

Upcoming events