証券決済革命

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
28 November 2016
Eiichiro Yanagawa

日本の証券決済制度改革は2000年頃に本格化した。15年の歳月を経てDVPは実現し、STPは幅広く普及した。そして、今まさにその最終ステージに差し掛かり「証券決済革命」の時代を迎えている。

日本の証券決済制度改革の経緯において、以下の4点は重要なマイルストーンであった。

  1. RTGSと照合システムの構築、STPの普及(2001年)
  2. 証券保管振替機構の拡充と株式会社化(2002年)
  3. CCPの設立とDVP決済の進展(2002-3年、2007年)
  4. 株券の電子化(2009年)

現在の日本における「証券決済革命」の残された課題は、以下の5点に集約される。

  1. 国債、株式等の決済期間短縮化への取り組み
  2. 清算機関(CCP)の機能拡充、利用拡大、連携・統合への取り組み
  3. 証券決済機関(CSD)の機能拡充
  4. 市場参加者におけるSTPの加速
  5. クロスボーダー証券決済の円滑化

証券決済システム高度化の経緯

161130_fig1

セレントは、こうした日本の証券決済革命の動向を基軸に、金融業界のレガシー&エコシステムマイグレーション、イノベーション、そしてエマージングテクノロジーの可能性をレポートしている。

本証券決済革命シリーズにご期待下さい。


証券決済のパラダイムシフトへ:日本市場の現状と展望
http://celent.com/ja/reports/35639

日本株式決済T+2:証券決済革命シリーズ
http://celent.com/ja/reports/35596

証券決済革命:日本国債決済T+1と新レポ市場の胎動
http://celent.com/ja/reports/35427

Insight details

Content Type
Blogs
Location
Asia-Pacific