シニア・アナリスト
London, United Kingdom

Biography


クレイグ・ビーティは保険プラクティスのシニア・アナリストで、ロンドンを拠点としています。

セレント入社以前は、Royal Bank of Scotland Groupの戦略&アーキテクチャ部門のアプリケーションアーキテクトとして、主に同社の保険部門であるRBS Insuranceを担当していました。社内の部門合併に伴う戦略とアーキテクチャ、また社内の数々のディインベストメントプロジェクトに関与しました。戦略変更を達成するためのプログラム設定、ベンダー選定など、基幹システム構築へのロードマップ作成において重要な役割を果たしました。それ以前には、RBS InsuranceとDirect Line Group において、欧州の様々な分野のeコマースソリューションの導入を手がけました。クレイグは、RBS Insurance における功績によって、2007年度BCSソフトウェア・アーキテクト・アワードを受賞し、TOGAF 認定エンタープライズアーキテクトでもあります。

クレイグは、University of the West of Englandにおいて、機械工学とアダプティブコンピューティングにおける理学修士号と、 インペリアル・カレッジ・ロンドンにおいて コンピューティングの MEng (Knowledge Engineering and Artificial Intelligence)を取得しています。

Latest reports

  • 2017/12/15
    マイクロサービス・アーキテクチャの進歩は、保険ソフトウェアを永遠に変えてしまうのでしょうか? アプリケーション構築手法のトレンドは、急速にマイクロサービスへと移りつつあります。マイクロサービスは、その名のとおりSOAの一種ですが、今日のクラウドやAPI、自動化の流れに影響を受けたものです。…
  • 2017/10/03
    本レポートは欧州・中東・アフリカ(EMEA)の損害保険会社が幅広く採用している保険金請求システムについて分析し、ランク付けをするものです。セレント独自のソリューション評価分析ツール「ABCDベンダービュー」を使い、各ベンダーを①テクノロジーの先進性②機能の幅③顧客基盤④顧客サービスの拡充度…
  • 2017/05/23
    ウェルスマネジャーや銀行が新たなデジタルの顧客タッチポイントからメリットを得るためには、人工知能テクノロジーをいかに導入すればよいでしょうか。 KEY RESEARCH QUESTIONS 1 デジタル顧客タッチポイントはウェルスマネジャーにどのようなメリットをもたらすか? …
  • 2017/05/15
    保険システムの定義は変わりつつあり、それに伴いビジネスケースも変化しています。本レポートでは、変化を促す要因と保険業界が将来どのような恩恵を受けられるのかを明らかにします。 KEY RESEARCH QUESTIONS 1 保険のデジタル化を促しているのはどのようなトレンドか?…

Upcoming events