2016年 モデルバンク パート1:デジタルバンキング

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/04/13
スティーヴン・グリーア

Abstract


9年目となったセレントのモデルバンク調査は、バンキングにおけるテクノロジーの有効利用に焦点を当て、テクノロジー利用のベストプラクティスを実践している事例を分析し、次の3つの質問への答えを示します。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 銀行のあらゆる業務プロセスを最新のテクノロジーで最適化したら、どうなるか?

2

銀行ITプロジェクトのベストプラクティスとその成果は?
3 受賞プロジェクトから何を学べるか?

セレントは毎年、銀行におけるテクノロジー活用に関する5~8つのテーマごとに、テクノロジープロジェクトを募集し、数多くの応募プロジェクトの中から各カテゴリー最大4行にモデルバンク・アワードを授与しています。
2016年は7つのカテゴリーでプロジェクトを募集し、18のプロジェクトにアワードを授与しました。7本のモデルバンクレポートで、各カテゴリーの受賞プロジェクトに関するケーススタディを紹介します。

  1. デジタルバンキング
  2. オムニチャネル・バンキング
  3. デジタルペイメントとカード
  4. コーポレートペイメントとインフラ現代化
  5. キャッシュマネジメントとトレードファイナンス
  6. セキュリティー、不正行為、リスク管理
  7. レガシー/エコシステム・トランスフォーメーション


パート1では、デジタルバンキングの分野でアワードを受賞した4つのプロジェクトを紹介します。

  • Citizens Bank: Wire by Relay
  • Santander US:口座開設手続き
  • Garanti Bank: iGaranti & Mobile Interactive Assistant (MIA)
  • DenizBank: IOT and FastPay

デジタルバンキングは業界で最も注目を集めているテーマですが、デジタル化へのトランスフォーメーションは簡単ではありません。企業カルチャーやビジネスモデルの変更に及び腰で、ことなかれ主義に陥りがちな銀行も見受けられますが、デジタル化に消極的な姿勢は、アジリティーが高く、デジタルに精通した競合プレーヤー(既存の銀行かそれ以外かにかかわらず)に後れを取ることになるでしょう。

「銀行はデジタルの重要性を直感的には理解していると思われます。しかし、実際に組織のカルチャーや業務モデルの根本的な変革に着手するまでの道は遠そうです」とセレント銀行プラクティスのアナリストでレポートを執筆したスティーブン・グリーアは述べています。

2015年末までに応募があったプロジェクトから、セレント銀行チームがビジネス成果、イノベーションのレベル、テクノロジーまたは実装の卓越性に基づいて分析し、受賞プロジェクトを選定しました。各レポート内でビジネスドライバー、ソリューション、成功指標、今後の計画など、詳しく紹介しています。

本レポートは44p、4つのアワード受賞プロジェクトのケーススタディを紹介し、6表と16図で構成されています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米