セレント・モデルインシュアラー

概要

セレント・モデルインシュラー・アワードは、世界の保険業界で最も権威のある賞です。セレントは、保険会社、再保険会社、MCA (コンサルティングアクチュアリー協議会メンバー) の中から、保険業界での成功に不可欠な様々な分野におけるテクノロジー利用のベストプラクティスで卓越した成果を挙げた企業にこの賞を授与しています。この毎年開催されるアワード・プログラムは2022年16周年を迎えます。

セレントは、2021年3月イノベーション & インサイト・ウィークにおいて2021年モデルインシュアラー受賞企業を発表しました。

2022年セレントは、5つのカテゴリーへの応募を受け付けます。5つのカテゴリーとは、「データ、アナリティクス、AI」、「新興デジタルテクノロジー」、「イノベーションの実行」、「顧客エクスペリエンスの変革」、そして「レガシー/ エコシステムのトランスフォーメーション」です。

応募カテゴリーおよび受賞企業

データ、アナリティクス、AI

データは今や収益性の高いニッチを特定し、リスクを管理し、サービスを向上するための重要な競争優位性の源泉となっています。外部データソース、デバイスから得られるデータ、データを解釈するための新しい技術は、保険会社の競争力の領域を押し広げています。このテーマでは、以下のようなプロジェクトを評価します。

  • 予測分析(保険金詐欺、引受、価格設定、気候分析)
  • プリスクリプティブ・アナリティクス(トリアージ、セールス自動化、「ネクスト・ベストアクション」)
  • 仮想化(ダッシュボードとヒートマップ、災害管理、ネットワーク分析、地政学的リスク分析)
  • コンシューマー向けデジタルプラットフォームの革新的な機能強化(モバイルアプリ、オンラインなど)
  • 次のレベルの利益を達成するために利用される人工知能技術(引受、保険金請求処理、不正行為の識別、傾向モデル化などにおける利用)

新興デジタルテクノロジー

デジタルトランスフォーメーションは、人と人との交流を、人と機械、あるいは機械と機械の交流に移行しています。新興テクノロジーとは、その開発、実用化、またはその両方がまだほとんど達成されていないが、現状を変えることができると考えられているテクノロジーです。多くの場合、新興テクノロジーは画期的なデジタルトランスフォーメーションを実現する基盤となります。このテーマでは、以下のようなプロジェクトを評価します。

  • プロセスの工業化
  • ビジネスパートナーとの統合
  • ソーシャルネットワークの活用
  • IoTベースの価値提案
  • 新興テクノロジーの概念実証、パイロット、MVP
  • モバイルテクノロジーの利用

イノベーションの実行

セレントのイノベーションの定義は、既存のトレードオフを打破し、顧客にバリューを提供する製品、サービス、ビジネスモデルを根本的に変えることです。新しいハードウェア、ソフトウェア、ネットワークテクノロジーは、保険のイノベーションの原動力となります。このテーマでは、保険会社がどのようにイノベーションを実施しているかに注目し、以下のようなプロジェクトを評価します。

  • イノベーションラボの導入
  • イノベーションのアイデア創出と優先順位付けを目的としたプログラム
  • イノベーションのアクセラレータやインキュベータとの提携や、それらへの投資
  • IT組織内でのイノベーションカルチャーの醸成
  • イノベーションを促進する変革管理プログラム

顧客エクスペリエンスの変革

差別化を図り持続的な成長を目指す保険会社にとって、顧客体験の変革はますます重要になっています。このカテゴリーでは、保険会社が見込み客、保険契約者、代理店、ベンダー、その他関係者のエクスペリエンスを向上させるために行っている取り組みに注目しています。このテーマでは、以下のような取り組みを評価します。

  • 新規契約申請プロセスの簡素化 (データ入力、新しいUI、コンピュータビジョンなど)
  • 顧客エクスペリエンスを向上するための新しいテクノロジーの実装(ビデオコミュニケーション、保険請求の自然言語処理のための拡張現実など)
  • 顧客に新しい機能を提供するための新しいツールやサービスの実装(コネクテッドホーム・ソリューション、アドバイスエンジン、ソーシャルペイなど)
  • カスタマーエクスペリエンスを変革するその他の取り組み

レガシー/ エコシステムの変革

保険会社は通常、下位互換性を提供する必要があるので、レガシーテクノロジーがイノベーションの妨げになることがあります。保険会社は社内システムの最新化およびトランスフォーメーションだけでなく、顧客、 取引先、規制当局との関わり方を変革する必要があります。このテーマでは、新しいテクノロジーや手法 (クラウド、API、アジャイル、DevOpsなど) を活用したコアシステムのリプレースメントやトランスフォーメーションに関するプロジェクトを評価します。このテーマには、以下のようなアプリケーション・アーキテクチャのすべての側面が含まれます。

  • コアシステム:契約管理、請求、クレーム、料率設定、再保険、見積書、新規ビジネスなど
  • エンタープライズレベル・システム:CCM、文書管理、財務システム、ERP、レポーティング
  • 顧客対応システム:代理店、保険契約者またはベンダーポータル、CRM、代理店管理システムとの統合
  • その他のポイント・ソリューション:損失管理、保険料監査、医療費請求書レビュー、訴訟管理

Have a question?

Try speaking to one of our experts.

Contact us

Sign up for industry updates

Stay up to date on Celent's latest features and releases.

Sign up