銀行のAIへの投資を考える:リサーチパネルシリーズ:パート6

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
12 July 2017
スティーヴン・グリーアダニエル・ラティモア

銀行業務における人工知能の利用は、いまだ勢いを欠いています。

Key research questions

  • 今後、AIはどれほど影響を及ぼすか?
  • 金融サービスにおけるAI導入の見通しは?
  • 銀行業務におけるAI利用はどの程度成熟しているか?

Abstract

銀行を取り巻く人工知能(AI)の現実の姿を明らかにするため、セレントはデジタルに関するパネル調査を実施し、AIに対して銀行は今どういう姿勢でいるのかを問いました。

AI関連プロジェクトを実施するにあたっては、その範囲とビジョンを慎重に定義する必要があります。AIに関わるステークホルダー、テクノロジーおよびユースケースは非常に多岐にわたるため、たとえ導入規模が小さくても、多くの金融機関が大きな負担を感じるのも無理はありません。

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー
種類
レポート
内容
業界動向
拠点
北米
Subscription categories
銀行, コーポレートバンキング, デジタルバンキング, リテールバンキング