保険会社におけるボットの用途と可能性

Celent will help qualify your requirements and introduce you to the vendor
Spotted a missing vendor? Use this form to alert a vendor to the Celent service
Create a vendor selection project & run comparison reports
Register to access this feature
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
Vendor requires PRO subscription to activate this feature
Requires research subscription, contact Celent for more info
3 November 2017
ドナルド・ライト

保険業界では、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)に対する関心が非常に高まっています。様々な議論が飛び交う一方で、保険会社のCIOがRPAについて実際どう認識しているのかについては、あまり情報がありません。

Key research questions

  • 個々の保険業務におけるボット活用の可能性とは?
  • 保険会社はボットを導入するだけの能力を持っているか?
  • 現在ボットが最も多用されている業務プロセスとは?

Abstract

セレントは、保険会社のCIOを対象に「オートメーションボット」と「チャットボット」という2つのPRAのポテンシャルと実際の導入状況について調査し、分析結果を本レポートにまとめました。

調査では、オートメーションボットとチャットボットのそれぞれについて、以下のような質問を行いました。

  • 個々の保険業務におけるボット活用の可能性とは?
  • IT部門はボットを導入するための能力を備えているか?
  • 主要業務におけるボットの活用を検討しているか?それに対し、現状の用途は?

sign in or register to read more

Insight details

Special Interest
イノベーション/最新テクノロジー
種類
レポート
内容
業界動向
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米
Subscription categories
保険, 生命保険, 損害保険