アセットマネージャーのITアーキテクチャ: SOA応用アプローチ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/11/21
ジェイ・ウォルステンホルム

現実的な話をしましょう。

Key research questions

  • アセットマネージャーはなぜ今すぐテクノロジーを更新すべきなのか?
  • アセットマネージャーのITアーキテクチャの実情とは?
  • 現実的な解決方法とは?

Abstract

アセットマネージャーはフロントからバックに至る既存のアーキテクチャと折り合いをつけながら、非常に高い競争力を維持しなければなりません。

資産運用会社とファンドアドミニストレーターの中には、ポートフォリオ管理システムとポートフォリオ会計システムに旧式のコードが含まれていて、仕組みが複雑すぎるため、システムを完全にリプレースできないケースがあります。そこで、投資ニーズの拡大に対応するために、コスト効率のよいフィンテックやオープンAPI、クラウドを活用し、レイヤー単位でリプレースする方法が採られています。

金融危機以降、資産運用会社は分散投資を通じて投資家の期待に応えてきました。しかし多くの資産運用会社は、既存の業務プロセスとテクノロジーでは、もはや責務を十分に果たせないと考えています。分散投資ポートフォリオのアロケーションの執行や維持管理には、マニュアルのパッチ作業が伴うため、オペレーションリスクやコスト増につながっています。

とは言うものの、システム全体の再構築に踏み切れる資産運用会社は、僅かしかありません。本来、資産運用会社のテクノロジーアーキテクチャは、インベストメント・ブック・オブ・レコード(IBOR)を目標にすべきです。しかし現実には、既存システムへの長期的なコミットメントを前提としているケースが多いため、資産運用会社は業務コストを削減しつつ、極端な支出も伴わない形で、システムを拡充していかなければなりません。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
証券, ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米