ベンダー
English

日本の金融機関におけるイノベーション パート2:破壊的イノベーションを求めて【日本語】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/09/26
柳川英一郎

Abstract


セレントは、昨年のグローバルサーベイに引き続き、日本の金融業界における「イノベーションサーベイ」を実施しました。2つのサーベイを通じ て、マネージメント・ギャップ、イニシアチブ・ギャップという2つのギャップの存在が明らかになりました。そのギャップを埋める対処策として、セレントは 今回も、「変化への対応力」の強化を提唱します。

今日、イノベーションが待望される最大の理由は、顧客の金融サービスに対する「期待の変化」であり、その変化への対応こそが、イノベーションを促進すると考えます。そして、イノベーションを「意図的に」起こし、継続するためのイノベーションモデルを提案します。

Part1では、銀行、保険会社、証券会社、資産運用会社、金融機関向けソリューションベンダーを含む110の金融業界のプロフェッショナルを対象とした日本でのイノベーションサーベイの回答を分析しました。本Part2では、どうすればそうしたイノベーションが、

  • 偶然の産物ではなく、意図して起こせるのか?
  • 突然に若しくは気まぐれにではなく、継続して、次々と生まれるのか?
  • 一過性でなく、企業文化や組織、経営のイニシアチブを変えるほどの定着をみることが出来るのか?

を掘り下げています。


「破 壊的なイノベーションが進展しない最大の理由は、企業の外ではなく、内に存在します。特に、金融機関や大手テクノロジーベンダーにおける以下の性向は、む しろ破壊的なイノベーションを回避させています。すなわち、中小企業やスタートアップと比較して、圧倒的に潤沢な資金、R&Dに投入できる十分な 経営資源(特に、人と技術)、(360度のマネージメントが必要な)多様な事業部門と多くの競合、そして、孤立する「ブラックシープ(黒い羊)」です」と 本サーベイの分析を実施した、アジア金融サービスグループのシニアアナリスト、柳川英一郎は述べています。また、本レポートを通じて、イノベーションを意図的に起こし、継続するためのイノベーションモデルについて、提言しています。

本レポートは、日本の金融業界のイノベーションに関する一連のレポートの第2弾です。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, コーポレートバンキング, 生命保険, 損害保険, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング, 保険, 生命保険, 損害保険, ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ
種類
レポート
拠点
アジア