シニア・アナリスト
Tokyo, Japan

Biography

柳川 英一郎は、東京を拠点とし、日本とアジアの銀行業界、金融業界におけるIT戦略課題を専門分野とするシニア・アナリストです。
最近のリサーチ活動としては、銀行勘定系システム、ATM、アンチ・マネー・ロンダリング(AML)技術などをはじめ、新たなテクノロジーが加速するイノベーション、デジタル、レガシーシステム現代化などがあります。銀行業界におけるAMLやリスク管理などのパッケージ選定や、シンクライアントシステムや端末仮想化技術による事業継続計画(BCP)の支援、基幹系システムのためのデータセンタ評価などのIT戦略課題、システム構築における、数々のコンサルティングに携わってきました。

柳川のコメントは『日本経済新聞』、『日経BP』、『アイティメディア』、『ジャパンタイムス』、『Bloomberg』、『SNL/ S&P Global』、『Gtnews』、『The Trade Asia』、『Asia Risk』、『Asia Insurance Review』、『Asian Banking & Finance』といった紙面で引用されています。また、日本、アジアの国際会議における講演者、パネリストとしても活躍しています。

以前は、NEC(日本電気株式会社、本社所在地 東京)のグローバル金融ソリューション事業部門、国内地域金融機関向けソリューション事業部門のチーフマネージャを務め、事業企画や基幹系システム開発、コンサルティング活動に従事していました。

また、NEC Corporation of America(NECの米国現地法人、拠点所在地 ニューヨーク)の金融ソリューション事業部門の責任者として、主に日系金融機関向けIT戦略コンサルティングやシステム構築に携わった経験もあります。

一橋大学の経営学修士号(MBA)、静岡大学の経済学学士号を有しています。

Latest insights

  • 2020/11/21
    クローバルなキャピタルマーケッツにおける投資の意思決定は一層高度化しています。一方で、アルゴリズム取引やデリバティブ取引のルール化、投資家保護の強化と市場の透明性向上を目的とした金融商品取引への規制、資産運用会社が金融仲介業者に支払う取引手数料とリサーチ報酬の分離などの市場と規制環境の変…
  • 2020/11/08
    ロンドン銀行間貸出金利(LIBOR)は一連の「金利指標」であり「世界で最も重要な数字」と呼ばれています。 LIBORは貸出・債券・デリバティブなどの価格設定のための世界的に認知された基準金利です。金融サービスインフラの重要な部分として240兆ドル以上の商品がLIBORを参照しています。 …
  • 2020/09/28
    Research helps power the investment engine. With investment decision-making getting more advanced, there is an increasing need to manage complex…
  • 2020/09/27
    前回調査時点(2020年4月)の緊急事態(ロックダウン)から、COVID-19後(AC時代)の新常態(ニューノーマル)への適応はどのように変化したか?対処療法から原因治療へのIT戦略の転換は進展しているか?今回調査時点(2020年7月)における日本とAPACの金融機関は、ロックダウンへの…
View all ライブラリー

Related events

View all events

Related news

View all 記事