ベンダー
English

ユビキタスデジタル:デジタルチャネルソリューション専門のグローバルベンダー

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/06/22

Abstract

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 デジタルプラットフォームとは何か、またそれはなぜ重要なのか?

2

これらのプラットフォームに違いはあるか?
3

銀行がプラットフォームを導入する際にはどのような点に留意すべきか?

消費者が銀行とやり取りするチャネルは多様化し、支店、ATM、オンラインバンキング、モバイルおよびコールセンターなどを使い分けているのが現状です。銀行がデジタル化を重要視するにつれ、どのチャネルからでも、統一した顧客経験の提供に注力するようになっています。その際、様々なベンダーからソリューションを導入すると保守管理が非常に難しくなり、顧客経験にばらつきが出る可能性があるため、銀行は幅広いインターフェースを網羅する単一のデジタルソリューションを求め、プロバイダーもそれに応えられるような「デジタルバンキング・プラットフォーム」を開発しています。

ここで、セレントは、デジタルバンキング・プラットフォームを以下のように定義します。

「最低限、オンラインバンキングとモバイルバンキングを単一のプラットフォーム上に統合する機能を備え、さらにキオスク、ATMや支店などその他のチャネルにもユーザー経験を拡大できる機能を持つ(こともある)プラットフォーム」

そして、実際、これらのプラットフォームは顧客がどのデバイスでアクセスしようと統一された顧客経験を提供できるように進化しており、「いつでもどこでも」利用可能というデジタルチャネルのキャッチフレーズは実現しつつあります。

本レポートは、デジタルチャネル・プラットフォームの市場のセグメント、業界の現状、製品の進化、詳細なシステム仕様を明らかにしています。

本レポートは、この分野の16のプラットフォームを詳しく紹介するシリーズ(全2編)の1つで、デジタルプラットフォーム、デジタルコアまたはオムニチャネルといったデジタルによる製品・サービスに特化した6つのベンダーを取り上げています。もう1本のレポートでは決済やウェルスマネジメントなど幅広い製品を提供しているベンダーに焦点を当てています。

「変革のためには組織およびシステムの大幅な変更が必要で、現状とゴールの明確な把握が欠かせません。将来にわたり競争力を維持したいならば、いかにデジタルを成熟させるかを検討し、それにはデジタルプラットフォームがまず必要不可欠だと気づくでしょう」とセレント銀行プラクティスのアナリストでレポートを執筆したスティーヴン・グリーアは述べています。

本レポートは88p、21図と74表で構成されています。