ベンダー
English

保険システムの標準化:簡素にするための複雑なプロセス

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/04/20

Abstract


保険会社が複雑な基幹システムを運用していることはよく知られています。各社とも数十年にわたってこうした状況の改善に取り組み、ビジネスニーズに対応し、ライセンスや保守管理にかかるコストを削減するべく努力してきました。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 保険会社は自社の保険システムをいかに標準化してきたか?

2

保険会社のアプリケーションが現在のように細分化されるに至った要因は?
3

今後、基幹システムを細分化する際にはどのようなアプローチが望ましいか?

本レポートは、保険会社がどのようにシステムの標準化を進めてきたかを明らかにするために2014年10-12月に実施した調査の結果をまとめたものです。

「システムが細分化されるに至った最大の要因は、業務上のニーズでした。保険会社は業務プロセスを可能な限り自動化すること(ストレート・スルー・プロセッシング)を重視しており、自社のシステムの標準化に踏み切る最大の理由もその点にあります」とセレント保険グループのシニアアナリストでレポートを執筆したニコラス・ミシェロッドは述べています。

レポートでは保険会社が自社システムを標準化する際の原則、今後の計画について解説し、システムの簡素化・標準化を進める上で有効な枠組みとなり得る分析ツールを紹介します。

14図を含んでいます。