ベンダー
English

損害保険会社は新興テクノロジーを重視している

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/10/02
カーリン・カーナハン

Abstract

テクノロジーとプロセスのイノベーションは、ますます加速している。この10年間でイノベーションの加速は、消費者と企業の関わり方に恒久的な影響を与えてきた。iPhone、Amazon、そして現在のCOVID-19が、この10年間に我々の行動や期待に及ぼした影響を考えればわかるはずだ。このような環境で競争するためには、プロセスとテクノロジーの継続的なイノベーションが必要である。

多くの戦略的な事業目標を達成するためには、革新的で新しいテクノロジーを導入することが重要である。しかし、保険会社は毎年、数えきれないほどのテクノロジーの選択に直面している。有望なのはどれか?誇大広告はどれか?事業戦略に沿った真のビジネス価値を提供してくれるのはどれか?

保険会社は、これらの新しい「今話題の」テクノロジーを実際に採用しているのは誰なのかについても関心を持っている。限られたリソースの中でどのテクノロジーに賭けるか、保険会社は多くの選択肢に直面している。

保険会社の新興テクノロジーへのアプローチは、選択した事業戦略を最も迅速かつ効果的に実現するテクノロジーを優先している。彼らは、顧客が何を求めているのか、競合他社が何を重視しているのかに非常に注目している。このような判断の指針となる有用な情報を入手するのが難しい。「スピードとフィード」に関連する技術情報に不足はないが、多くの場合、過度に技術的な見方はビジネスとITの間のギャップを広げるだけである。

__________________________

過去10年間のキーワードは「成長」であり、着実な経済成長が市場の拡大を支えてきた。この成長は、イノベーションとそれに対応するテクノロジーの激しい競争によって支えられてきた。___________________________

本レポートでは、トップ10テクノロジーのリストを提供することではなく、保険業界の技術コミュニティとビジネスコミュニティの両方に特に関心のある新興技術ソリューションを選別・紹介することを目的としている。

保険会社は、コラボレーションやビデオなどの消費者対応ソリューションから、ロボティクス、AI、その他の業界横断的なイネーブラーまで、さまざまなツールを活用して、ビジネスのやり方を改革している。この新しいビジネスモデルを実現するためには、AI などの新しいツールの利用と、価格設定、商品、顧客戦略をサポートするテクノロジー主導の基礎作業とのバランスを取る必要がある。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

ログインして詳細を読む

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
北米