2016年リテールバンキングのトップトレンド:事業計画策定シーズンのホットトピック【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/10/05
ダニエル・ラティモア

リテールバンキングの重要トレンドは、①デジタル/オムニチャネルの実現②イノベーションおよびフィンテックの活用③レガシーおよびエコシステムトランスフォーメーション―の3つに分けられます。

Key research questions

  • リテールバンクが注目すべきトップトレンドとは?
  • リテールバンクが注視すべき最新トレンドは?
  • こうしたトレンドに対応するためには何をすべきか?

Abstract

現在、特に関心が高まっているのは生体認証、リアルタイム、イマーシブPFM、人工知能、ロボティクス(RPAを含む)、自然言語生成およびアナリティクスの6つのテクノロジーです。銀行がこうした分野で方向性を見極めるためには、幅広い手段を講じ、よりよい関係を構築し、現実的な選択肢を選ぶことが重要でしょう。

「銀行は事業計画の策定時期に入ると優先課題を絞り込む作業を進めますが、その過程で事業環境の変化が増していることを認識します。バンキングをめぐる主要トレンドは、形を変えながらもここ数年定着し、さらに進化してきました。そして全く新しいトレンドも見られます」と銀行プラクティスのシニアバイスプレジデントであるダニエル・ラティモアは述べています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米