モデルバイサイド

概要

モデルバイサイド・アワードは、機関投資家が保有する資産の運用におけるポートフォリオ管理と取引執行ライフサイクルでのテクノロジー活用のベストプラクティスを表彰するものです。

これはモデルアワードプログラム2022で新設されたカテゴリーで、機関投資家の資金を扱う運用マネジャーに授与されるメインアワードです。モデルバイサイドの受賞企業は、イノベーション & インサイト・ウィーク2022で発表される予定です。

このカテゴリーには、個人顧客向けのアドバイザリーサービス、または富裕層、準富裕層、個人投資家向けのウェルスマネジメントサービスは含まれませんのでご注意ください。この分野のサービスを提供されている方は、 Model Wealth Managerへの応募をご検討ください。

モデルアワードプログラム2022への応募受付は2021年10月15日に締め切りましたが、モデルアワードプログラム2023への応募に向けて、今からご準備頂くことをお勧めいたします!

応募プロジェクトの分野

2022年に向けては、ポートフォリオ管理、取引執行、資産管理機能をサポートする、機関投資家の資産管理のあらゆる分野での取り組みを募集しています。様々な分野の取り組みを歓迎しますが、多くの取り組みは以下の分野に該当すると思われます。

  • 進化した執行
  • コンプライアンス
  • 投資調査
  • データおよびアナリティクス
  • 意思決定支援
  • デジタル化
  • エコシステムとビジネスモデルのイノベーション
  • 未来の働き方
  • フロント・ツー・バックオフィス業務モデルのパラダイム
  • 市場/ 投資リスク
  • オペレーショナルアルファとフロントオフィス・イネーブルメント
  • 戦略的業務配分 (アウトソーシング、マネージドサービス、インソーシング)
  • 次世代のポートフォリオ管理
  • テクノロジーインフラの最新化 (高性能クラウドスタック、API、AI/MLなど)

重要な情報:

  • 応募は「バイサイド」の金融機関 (機関投資家アセットマネジャー、ファンドマネジャー、ヘッジファンドなど)が行う必要があります。テクノロジーベンダーがバイサイドの顧客に参加を促すことは歓迎しますが、ベンダー自身はアワードの選考対象ではありません。しかし、金融機関の応募書類に社名を記載されたベンダーは、授賞式や受賞応募書類に関するレポートやブログなどで言及されるなど、広く認識されることになります。
  • 応募は全てオンラインで行ってください。
  • 金融機関からの複数の応募は歓迎しますが、それらの応募内容は全く違うものでなければなりません。同じ取り組みを複数回提出しないでください。
  • 応募には料金はかかりません。セレントの顧客以外の機関も応募可能です。
  • モデルバイサイド・オブ・ザ・イヤー として1つの金融機関を表彰する予定ですが、特定のカテゴリーで更に受賞企業を表彰する場合もあります。
  • 実証可能なビジネスの利益、イノベーションのレベル、テクノロジーや実装の優秀性の3つの評価基準で取り組みを評価します。
  • セレントは各受賞企業と協力して、受賞した取り組みのケーススタディを公開し、セレント・キャピタルマーケッツリサーチのサブスクリプションクライアントはケーススタディを入手することができます。金融機関には、公開前に草稿を確認・承認する機会が設けられます。ケーススタディの例はこちらでご覧ください。
  • 詳細については、 FAQs (よくある質問) をご覧ください。ご不明な点がございましたら、modelbuyside@celent.comまでご連絡ください。

Have a question?

Try speaking to one of our experts.

Contact us

Sign up for industry updates

Stay up to date on Celent's latest features and releases.

Sign up