バイサイドのフロントオフィスにおける取り組みと変革

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/08/26
ブラッド・ベイリー

トレーディングシステムのトレンド:取引発注/執行管理システムの新たな世界

Key research questions

  • 1. バイサイドのフロントオフィスの変革を促すドライバーは何か?
  • 2. バイサイドが最先端のテクノロジーソリューションで解決しようとしている課題とは?
  • 3. 主要テクノロジープロバイダーは?

Abstract

バイサイドのフロントオフィスシステムの変革と統合が進むなか、アセットマネジャーは有利な立場を確立しつつある。

大規模なテクノロジーの変革期にあって、その対象はトレーディングプロセスのラストワンマイルに及んでいる。バイサイドはトレーディングの最適化を図るため、マルチアセットに対応可能なトレーディングシステムに資金を投じている。

トレーディングに関するシステムとサービスを統合し、バイサイドの金融機関向けにフロントからバックオフィスに至る一連のパッケージソフトを構築するのが目下のトレンドとなっている。その結果、従来のポートフォリオ、取引注文、トレーディングシステムが数ヵ所に集約されるようになった。同時に、バイサイドの金融機関は新たなトレーディングツールを導入してクロスアセット・トレーディングの刷新を進めている。概して、バイサイドでは、取引発注/執行管理に関するニーズに対応可能なホスト型マルチアセットシステムの構築を望んでいる。

以下のワードクラウドは、バイサイドのトレーディングシステムをめぐる意思決定者にとっての最優先課題を示している。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米