スカンジナビア保険業界におけるデジタル化の進捗状況: データとスマートテクノロジーの活用

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/11/03
ニコラス・ミシェロッド

顧客にとって本質的に何が重要なのかを理解していなければ、デジタル接点に対するニーズに応えることはできません。

Key research questions

  • スカンジナビア諸国の一般顧客が保険会社のUXに求めるものとは?
  • ソーシャルメディアデータの活用について、スカンジナビア諸国の消費者と保険会社の見解は一致しているか?
  • スカンジナビアの保険会社におけるスマートテクノロジーへの投資理由とは?

Abstract

保険業界で目下最も注目されているテーマは、顧客データの収集と、人工知能やbotなどのマシンが主導する顧客コミュニケーションです。

しかし、スカンジナビア諸国の保険会社は、個人データの利用やスマートテクノロジーの活用を意欲的に進めているのでしょうか。また、そうした保険会社の動きに対し、現地の顧客はどう考えているのでしょうか。顧客は保険会社の意向に同調する準備ができているのでしょうか、そして何よりその意思があるのでしょうか。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
内容
Digital, 業界動向
拠点
欧州/中東/アフリカ