ベンダー
English

英保険会社CIOによる2010年の業界展望

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2010/02/08

Abstract


英国の保険会社は2010年の業績拡大を目指していますが、そのためにはより機敏な対応をとる必要があるでしょう。

昨年は「英国株式会社」にとって厳しい年となったことは明らかであり、保険業界も打撃を受けました。英国が直面する現在の景気後退局面があとどれほど続くかは予想しにくい状況ですが、保険会社は2010年に関して驚くほど楽観的な見方をしています。セレントの最新レポート「英保険会社CIOによる2010年の業界展望」は、英保険会社のシステム計画とその優先順位を紹介しています。保険会社はこれまで予算や人員の削減といった厳しい決断を下してきました。しかし、今年は業績拡大を目標に掲げる会社が大勢を占めており、業界全体に再生および活性化の機運がみられるでしょう。

「保険会社が昨年の経験から学ぶことがあるとすれば、システム運営における機敏性と柔軟性の大切さという点でしょう。これらを備えていなければ、予想外の事業環境に迅速に対応することはできません。したがって、引受け、保険契約管理、保険金請求といったコアシステムへの投資は当然ながら継続されるでしょう」と、セレント保険グループのシニアアナリストでレポートの共同執筆者であるキャサリン・スタッグ・マーシーは述べています。

本レポートは、2010年に市場が直面するビジネストレンドとそれがIT投資に及ぼす影響を精査しています。レポートでは5つの主要なビジネストレンドを明らかにし、英保険会社が示した様々なIT投資計画やその優先順位について検証しています。また、予算の内訳、アウトソーシングの利用状況、景気後退による影響、IT投資が集中している分野についても論じています。

本レポートで取り上げたトレンドやデータは、セレントが業界関係者への継続的な取材を通じて蓄積した情報に基づくものです。特に、2009年末から2010年初めにかけて保険会社16社のCIOを対象に行った取材の結果が中心となっています。

このレポートは6図と3表を含む28ページで構成されています。