ベンダー
English

分析戦略の実践:保険会社の実務と優先順位:北米生命保険編

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/06/12
マーティ・エリングスワース

北米生命保険編

Abstract

データ、AI、クラウドは、ITの成長分野であり世界中のビジネスで重要視されている。このトレンドは、COVID-19によりデジタル化および非接触/ キャッシュレスの取引が増えているる中、更に加速されている。本調査は、北米の生命保険会社CIOに送られたデータおよびアナリティクスについての調査の結果に基づいており、企業の管理職がデータ、AI、クラウドの優先順位についてどのように考えているか理解するためにACOVID-19に関する質問が追加された。

本調査の目的は以下の通り:

  • データからバリューを獲得するために重要なことを理解する
  • バリュー獲得における主要リスクを明らかにする
  • 新しいタイプ/ ソースのデータを確認する
  • 新しいタイプ/ ソースの計算およびアナリティクスを確認する
  • 企業のチームおよび組織構造の管理方法を知る

本レポートの結論:

  • 現在ビジネスに最もバリューをもたらしていると考えられているデータタイプは、引受業務における電子カルテ、保険会社および公開データから予測されるスコア、調剤記録、および顧客プロフィールの利用である。
  • 安定した業務のための引受業務のイノベーションは、COVID-19の不安により促進されたトレンドである。データおよびモデルは重要なバリューをもたらしている。
  • アナリティクスの優先分野は、引受業務、顧客インサイト、不正行為、マーケティング、および顧客エクスペリエンスである。

(詳しい情報は、セレント北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険
種類
レポート
拠点
北米