現物株取引業務のコスト再構築を可能にする革新的アイデア:注目のイノベーションシリーズ【全訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/06/02
デビッド・イーストホープ

Radical Ideas for Cost Restructuring

Abstract

(このレポートは2013年6月3日に”Innovation in Focus: The Future of Cash Equities Trading Operations:Radical Ideas For Cost Restructuring" というタイトルで英文で発表されましたが、和訳版を2013年11月29日に発行しました。)

大手証券会社が株式取引のコストを大幅に削減するためには、システムのアウトソーシングに踏み切らざるを得なくなっています。証券会社の本格的な構造改革を可能にし、予測可能な市場機会に応じつつも継続的費用を削減する、新しい手法がテクノロジープロバイダーから提供されています。

株式取引業務は収入の伸び悩みが続いており、高コスト体質からもなかなか脱却できず、システム容量をめぐる課題も抱えています。そのため、システム・業務コストの高さはもはや経営上許容できない問題になりつつあります。

セレントの最新レポート「現物株取引業務のコスト再構築を可能にする革新的アイデア」は、株式取引のフロントオフィスシステムと業務のコスト削減を可能にする3つの革新的な戦略について説明しています。環境保護主義者は「リデュース」「リユース」「リサイクル」というコンセプトを通じてリソースの有効活用を目指しますが、それと同様のアプローチをとるものです。本レポートは、イノベーションに関する一連のレポート(ニュースレターを参照)の第1弾です。

「証券会社がアウトソーシングを通じてコストを削減するためには、これまでの考え方を打ち破る必要があります。どのシステムもアウトソースできるものではない、とするのではなく、全てまたは一部のシステムはアウトソース可能である、いう前提で取り組むのが賢明でしょう」と、セレント証券グループのリサーチディレクターでレポートを執筆したデビッド・イーストホープは述べています。

本レポートは10p、1表で構成されています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 北米