評判リスク:経営幹部の緊急課題

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2014/06/11

REPORT PREVIOUSLY PUBLISHED BY OLIVER WYMAN

Abstract


企業の評判がかつてないほど重要視される時代です。ソーシャルメディアではコメントの書き込みが盛んに行われ、規制当局の監視が強まり、派手な団体キャンペーンが行われ、同時に、新市場参入頼みの体制、長いサプライチェーン、リスクの高い業務、コスト圧力の増大等、世界経済の変遷によって、企業を取り巻くリスク環境は間違いなく複雑化しています。

このような状況の中で、企業は自社の評判に対する姿勢、起こりうる危機への対応力を見直す必要があります。危機の発生よりずっと以前に導入され、多様な視点から評判リスクにアプローチし、脆弱性と解決法を特定するのが、最強のフレームワークと言えるでしょう。そしてそれは、最高幹部によって指揮され、、全事業部門を通じて運営されるべきです。このような強固なフレームワークがなければ、何か起こったときには、瞬く間に手に負えなくなり、会社に広範な影響が及びます。

詳しくは、オリバー・ワイマンのウェブサイトまたはオリバー・ワイマンのグローバルリスクセンターをご覧ください。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート