中国におけるテレマティクスの最新動向

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/01/20
ウェンリ・ユアン

Abstract

中国のインターネットユーザーは世界最多であり、自動車ドライバーの数も世界最多です。中国企業の多くはテレマティクスにビジネスチャンスを見出しており、様々なデバイス、プラットフォーム、モデルおよびサービスに投資しています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 中国におけるテレマティクスをめぐるエコシステムはどのように変化しているか?
本レポートは中国でのテレマティクスと保険会社が取り組む関連プロジェクトについて分析しています。
中 国保険監督管理委員会(CIRC)は2015年6月、商用自動車保険の保険料の価格設定と条件管理を試験的に改革する取り組みを6ヵ所で開始しました。こ の改革によって、保険会社は対象範囲を独自に決められ、ドライバーのリスクをより正確に反映した保険料を設定できるようになります。
2 保険会社はどのようなプロジェクトに取り組んでいるか?
3 業界標準や共有プラットフォームは存在するか?

一部の中小保険会社は、利用ベース自動車保険(UBI)を導入することで市場にディスラプションをもたらしており、大手保険会社もこの分野に関して研究/投資するようになるでしょう。

自家用車向けUBI市場では、試験的に導入している保険会社が様々なサービスや利益を提供し、より多くのドライバーに車載コンピュータ診断装置(OBD)やモバイルアプリの利用を促そうとしています。保険各社はより多くの運転データを収集し、それらに基づく独自のリスクモデルを策定しています。市場でUBI導入の機運が高まれば、これらの先駆的なプレーヤーが優位に立つでしょう。

商用車向けUBI市場では、既に保険会社はデータの収集・分析を進め、価格設定方法の改善や企業と共同でドライバーの運転動作の改善や保険金請求件数の削減に生かしています。

2014年以降、多くのインターネット企業(特に3社合わせてBATと呼ばれる百度、アリババ、テンセント)は巨大なビジネスチャンスを見出しています。テレマティクスのプラットフォームは、オンライン・ツー・オフライン(O2O)サービスに加え、ドライバー向けの様々な位置情報サービスのポータルにもなり得るでしょう。

「BATがこの市場に参入することで、自動車製造、アフターサービス用品およびサービスに変化が生じています。保険会社とテクノロジープロバイダーはテレマティクスのエコシステムを理解し、提携相手を賢く選定すべきでしょう」とセレントアジア金融サービスグループのシニアアナリストでレポートを執筆したウェンリ・ユアンは述べています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア