アジアにおけるOTCデリバティブのオペレーショナル・リスク管理

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/09/21
アンシュマン・ジャスワル

Abstract


オペレーショナル・リスクは、社内プロセスの不備欠陥や業界内の出来事によって生じる損失と関係しています。ここ数年、特に金融危機を機に、OTCデリバティブ市場の参加者の間ではオペレーショナル・リスクに対する関心が高まっています。

セレントの最新レポート「アジアにおける店頭デリバティブのオペレーショナル・リスク管理」は、アジア市場が抱えているオペレーショナル・リスクに関する課題を取り上げます。各市場はオペレーショナル・リスクの軽減に取り組んでおり、取引執行に適用される標準手続きを定めた法的文書も作成されています。システムと規制の両面が改善されたことを受け、電子取引に移行する市場参加者も徐々に増えています。データレポジトリの利用義務化や集中決済の利用拡大によって、こうした動きはさらに広まるでしょう。

「ここ数年で、オペレーショナル・リスク管理の重要性は高まっています。しかし、透明性の向上とリスク軽減に向けた規制当局の取り組みも、店頭デリバティブ市場の参加者が必要な報告手続きを策定・実践しなければ成果には結び付きません。それらの手続きが策定されれば、情報共有が重要な要素となるでしょう」と、セレントのシニアアナリストでレポートを執筆したアンシュマン・ジャスワルは述べています。

レポートでは、グローバル市場におけるOTCデリバティブ取引の売買高や市場参加者の実績を紹介し、また、オペレーショナル・リスクにつながる様々な要因やリスク軽減のために必要な資本について説明しています。バーゼルⅡおよびⅢで定められているオペレーショナル・リスク管理の枠組みは、銀行がリスク管理を行う際の指針となるでしょう。最後に、OTCデリバティブをめぐるオペレーショナル・リスクを社内で最小化するためのベストプラクティスを示しています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア