オンラインペイメント・プロバイダー: 現状の打破

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/05/25

Abstract


クレジットカードは、オンラインショップにおける最も一般的な決済手段です。しかし、2009年までに米国では、クレジットカードにかわる方法による決済が電子商取引総額の26%
を占めるでしょう。

オンライン決済の世界は、大きな転換期に入っています。決済手段の選択肢が新たに出現するに従って、クレジットカードの優位が脅かされています。米国では電子商取引総額に占めるクレジットカード決済額の割合が、2000年には90%を超えていましたが、2009年までには50%を割り込むでしょう。このような変化は、銀行や小売業者、そしてオンライン小売業者のCNP詐欺(カードを提示しない詐欺行為)リスクをサポートするサービスプロバイダーに重大な影響を及ぼすでしょう。

現在利用されているオンライン決済の手段(PINデビットカード、仮想クレジット、電子メール、ACH Consumer Pushなど)は、対面販売とオンライン販売の両方を行う小売業者向けにクロスチャネル・ソリューションも提供し、従来カード会社が支配してきた伝統的な決済の場を脅かしています。オンライン決済手段の新たな波に伴って高められた消費者と小売業者間のバリュー・プロポジションは、導入とマーケティング方法が適切であれば、小売業者にとって収益拡大に直接結びつく戦略的資産となるでしょう。

「オンライン業界では、クレジットカードやデビットカードに代わるオンライン決済手段は、単なるコスト削減をはるかに上回る成果をもたらすという認識が広まりつつあります」と、セレント銀行プラクティスのシニアアナリストで今回のレポートを執筆したダン・シャットは語っています。さらに、「こうした代替手段は顧客経験価値の向上やリスクの低減に寄与することで、潜在顧客の売上拡大を目指す小売業者の味方として役立ちます。小売業者は、顧客のロイヤルティ向上やショッピングカート放棄率低下につながるあらゆる有効手段を捜し求めるにつれて、収益性の向上により貢献できる新たなプロバイダーの協力を求めるようになるでしょう」と続けます。

レポートでは、今後最も高い成長と幅広い普及が見込まれる代替オンライン決済のプロバイダーとその取り組みの概略を示しています。また、代替オンライン決済市場を小売業者と消費者のセグメント別に検証し、ランク付けしています。さらに、個々の決済プロバイダーの市場における位置づけを考察するとともに、今後数年間の米国オンライン決済市場の発展の見通しについても簡単に触れています。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米