ベンダー
English

モノのインターネットを組み入れるための新アーキテクチャ【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/08/02
クレイグ・ビーティ

Abstract

(英文レポート"The Emerging Architecture of the Internet of Things"の重要部分を抽出し翻訳しました。)

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 保険会社はセンサーから次々と送られてくるデータをいかに自社のアーキテクチャに組み入れたらよいか?

2

従来のアーキテクチャと新たな要件との重要なタッチポイントとなるのは?。
3

このアーキテクチャはどのような新しい機能を生む可能性があるか?

本レポートは、モノのインターネット(IoT)を保険会社のアーキテクチャに組み入れる際の懸念とそれに必要な機能を明らかにします。

重要なのは、保険会社が中核業務(保険料見積もり、バインディング、特約条項、保険金請求など)の遂行を可能にする既存のテクノロジーおよびコンポーネント一式を維持することです。これらに隣接して、高速データを捕捉・分析するための独自のアーキテクチャを設計します。

そのようなアーキテクチャを構築することで、これらのデータをリアルタイムとアドホックベースの組み合わせで分析できるようになります。そうすると、不思議なことに、2つのアーキテクチャの結合部分が新たな保険会社の右脳と左脳のような機能を担うようになります。

「今回のレポートでは、従来のコアシステム・アーキテクチャ、センサーからのデータを取り込むセンシング・アーキテクチャ、そして顧客とコミュニケーションをとるレスポンス・アーキテクチャの3つに分けて説明します」と損害保険プラクティスのシニア・アナリスト、クレイグ・ビーティーは述べています。

レポートでは、これらのアーキテクチャへの結合方法を検証し、2つの関係を論理的に説明します。



Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米