2011年 アジア太平洋地域の保険契約管理システム:ABCDベンダービュー(生命保険/年金編)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/02/03
ウェンリ・ユアン

Abstract


保険会社にとって、生命保険契約管理システムのベンダー選定が難しい作業であるという状況は変わっていません。セレントは、アジア太平洋地域で現在入手可能な主な生命保険契約管理システムの特徴を紹介しています。

セレントの最新レポート「2011年 アジア太平洋地域の保険契約管理システム:ABCDベンダービュー(生命保険/年金編)」は、アジア太平洋地域で入手可能な生命保険会社向けの保険契約管理システムについて取り上げています。本レポートは、欧州、米国、アジアの保険契約管理システムに関するレポートシリーズの1つです。

主に保険契約管理システムを手がけるベンダーは、大規模な投資を継続しています。各ソリューションの対応力(充実した機能)、性能(高い報告・分析能力)、接続性(SOAおよびWebサービスの標準化)は一段と向上しています。また、ベンダー間の合併・提携、ソリューション開発、代替的な販売モデルの構築なども市場の進化を促す要因となっています。

あらゆる保険会社にとって最適な共通の保険契約管理システムは存在しません。ただ、市場には多様な選択肢があり、保険会社のあらゆるニーズに十分に対応できるでしょう。

「新たな保険契約管理システムの導入を検討している保険会社は、まず組織内に目を向けるところから始めるべきでしょう。次に、ベンダーおよびソリューションごとに機能を理解し、比較検討する必要があります」と、セレントのアジアフィナンシャルサービスグループのシニアアナリストでレポートを執筆したウェンリ・ユアンは述べています。

アジア太平洋地域のITベンダー市場はますます複雑化しており、保険会社が保険契約システムを選定する際には、自社にとって重要なパラメータを徹底的に分析する必要があります。そしてその際には、保険会社が自らの優先課題を決定し、それらを順位付けしなければなりません。

本レポートは、保険会社が「最適な」保険契約管理システムを選定するために必要な全ての手段を提示するものではありませんが、多数の選択肢の中から候補を絞り込むための有用な情報を提供します。

レポートでは、アジア太平洋地域の保険契約管理システムの中から21のシステムを取り上げ、そのうち9については全ての特性・機能を、12については一部の特性・機能を紹介しています。セレント独自のベンダー評価ツール「ABCDベンダービュー」を用いてこれらを比較しています。同ツールは、①テクノロジーの先進性②機能の幅③顧客基盤④顧客サービスの充実度―の4つのカテゴリー別に各ベンダーの市場における相対的な位置付けを比較し、一覧図に示すものです。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険
種類
レポート
拠点
アジア