ベンダー
English

次世代のリスクソリューション:新たな規制とリスクによるレベルアップ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2011/10/02

New Rules, Higher Stakes

Abstract


リスク関連ソリューションの市場ではここにきて買収・合併が相次いでおり、こうした動きがソリューションの設計、統合、販売を加速する可能性があります。

リスク関連システムへのIT投資は大きな転換期を迎えています。ここ10年間、タイトな施行スケジュール、また広範囲に及ぶリスク関連規制によって、ソリューション市場は形成されてきました。その一方で金融機関や運用会社は、急速に変化する「移転可能な」リスク、投資家のリスク感応度、集団的な売買行動、市場の著しい動きへの対応を迫られるという新たな現実に直面しています。エネルギー価格や商品価格の変動、政府債務、政情不安、地震をはじめとする自然災害など、リスクのスピード、範囲および影響を増大させる要因には事欠きません。

セレントの最新レポート「次世代のリスクソリューション:新たな規制とリスクによるレベルアップ」は、リスク関連ソリューションを手がけるベンダー市場について取り上げています。ここ数年、こうしたソリューションに対する需要拡大を背景に買収・合併の動きが加速し、ベンダー間の競争が激化しています。

有力プロバイダーによるリスク管理システムへの参入も相次いでおり、IBMはAlgorithmicsの買収を発表しました。こうした動きは、リスク管理ソリューションの設計、統合および販売を飛躍的に加速させるとみられます。

「金融機関と政府は金融危機で発生した未解決の課題を克服し、近い将来起こり得る新たな危機に備えるための戦略を策定しており、その重要性はかつてないほど高まっています。リスク関連ソリューションの購入の仕方も変化しています。これまでのようにマーケティング、リスク管理、財務および経理部門が別々に対策を講じるやり方は、いまや十分とはいえません。組織全体で連携して、リスクを取捨、管理および低減することが必要でしょう」と、セレントのリサーチ・ディレクターでレポートを執筆したキュビラス・ディンは述べています。

本レポートは、リスク関連ソリューションをめぐる最新の市場動向と金融業界の改革、そしてリスクマネジメントの実際という観点からこれらの相関関係を分析しています。リスク関連システムの要件を決定づける業界再編の動きとテクノロジー革新について分析し、今後それらがベンダーや金融機関にどのような影響を及ぼすかを考察しています。