ベンダー
English

デジタル保険商品の構築(損保編)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/07/09
クレイグ・ビーティ

Non-Life Edition

Abstract


レポートでは、今日の保険商品をデジタル化するためには何が必要であるか論じています。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 損害保険会社はどのような商品を提供しているか?

2

デジタルによって商品についての定義、販売、考え方にどのような変化が起きているか?
3

そうした変化に伴い、商品開発パイプラインをどう変化させたらよいか?

引受けおよび価格設定プロセスの自動化が進んでいる単純な商品に関しては、他のシステムの導入・統合に対応可能な複雑なデジタルプラットフォームを策定する必要があります。一方、個人の専門ノウハウに依存する複雑な商品の場合は、プロセスの高度化、スマート化および自動化を通じてこうしたノウハウの強化を可能にする協調的なデジタルプラットフォームの策定が欠かせません。

「今日の保険商品をデジタル化するにあたっては、保険商品を開発することの意味を再考する必要があるでしょう」と損害保険プラクティスのシニア・アナリスト、クレイグ・ビーティーは指摘しています。

レポートではこうした違いを踏まえ、保険商品を提供するための新しいデジタルプラットフォームがどのようなものになるか考察しています。さらに、これらのプラットフォームの融合の可能性についても検証しています。





Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米