米国における「最善の利益規制」施行を受けた業界の反応 (2日目)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2020/11/04
ウィリアム・トラウトニール・シーハン

Abstract

原則に基づく規制には不透明感が伴い、その解釈をめぐる問題も発生する。「最善の利益規制(Reg BI)」の場合、顧客に対する提言というコンセプト自体を定義する必要があり、それが顧客への提言が最善利益に適っているかどうかの検証をより難しくしている。

提言には売買の推奨のほか、戦略または口座の種類の推奨なども含まれる。では、既存のポジションを維持するよう助言することも提言になるのだろうか。それを行わなかったブローカーは、注意義務の監視を怠ったとしてSECに呼び出されないだろうか?

規制当局が解釈を示さない限り、ブローカーディーラーはこれらの疑問に悩み続けることになるだろう。こうした不安をさらに増幅させるのは顧客の最善利益に適っていることを証明および文書化する際の業務要件の複雑さであり、それを満たす上でテクノロジーは重要な役割を果たすことが求められている。

(詳しい情報は、セレント 北川俊来TKitagawa@celent.comまでお問合せください)

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

種類
レポート
拠点
北米