ベンダー
English

英国の年金制度改革:退職後の自由な資金計画

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2015/06/23
アシュレイ・ロングボー

Abstract

これまで英国では、定年を迎えた人は退職金で年金に加入して生涯安定した収入を確保するというのがお決まりの路線で、何も悩む必要がありませんでした。しかし、ここ1年間で退職後の備えに関するあらゆる側面が見直されてきました。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 年金の確定拠出給付の自由化は退職者にどのような影響を及ぼすか?

2

新制度の導入を踏まえ、資産運用会社がマス富裕層セグメントで利益を上げるためには、自動アドバイスおよび口座統合ツールをいかに活用すべきか?
3

年金制度改革は運用会社にどのようなビジネスチャンスをもたらすか?


英国では過去30年間に年金制度が幾度となく変更されてきましたが、2015年4月に施行された直近の改革はその中でも最も劇的なものといえるでしょう。平均余命が伸び続け、退職者が現在のまたはそれ以上の生活水準を維持しようとするなか、今回の改革は、理論上、年金受給者がより自由で個人的な退職後の資金戦略を策定できるようにすることを目指しています。さらに、制度変更は相続を計画している人にもメリットをもたらすとみられます。特に、資金源が別にある人にとってそのメリットは大きいでしょう。

「年金のゴールポストは常に変わっているため、個人にとって退職後の有効な資金計画を立てることはますます難しくなっています。特に、マス富裕層と呼ばれる金融アドバイザーを持たない退職者の間では、こうした大きな制度変更に対する懸念が広がっています」とセレントのウェルスマネジメントグループのアナリストでレポートを執筆したアシュレイ・グローバーマンは述べています。

年金確定拠出給付の自由化は銀行、証券会社、ウェルスマネジャー、フィナンシャルアドバイザー、保険会社といった資産運用会社にとっても、新たなテクノロジーの導入による預かり資産の拡大や新顧客獲得のチャンスをもたらすと同時に、年金受給者をターゲットとする商品・サービスをめぐる市場のさらなるセグメント化にもつながるでしょう。

レポートでは、年金制度改革の最大の目玉のいくつかとそれらが英国市場に及ぼす影響、マス富裕層セグメントの定義、資産運用会社と未開拓の顧客セグメントを結ぶ上でテクノロジーがどのような役割を果たせるか分析しています。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
欧州/中東/アフリカ