ベンダー
English

高頻度取引(HFT)の徹底分析:停滞か急成長か?

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2009/12/18

Abstract


(このレポートは"Demystifying and Evaluating High Frequency Equities Trading: Fast Forward or Pause?"というタイトルで2009年12月21日に英文で発表しましたが、日本語版を2010年3月2日に発行しました。)

株式の高頻度取引(HFT:高速で頻繁に売買を繰り返す手法)は少し前からトレンドになりつつありましたが、今再び注目されています。規制の変化、市場構造の進化、トレーディング・テクノロジーの革新といった要因により活発になった高頻度取引(HFT)は、米国では今や1日の株式取引量の42%を占めており、2010年半ばには50%を超えるでしょう。

各種のメディアに取り上げられ、また現在SEC(米証券取引委員会) が調査を行っていることもあり、株式の高頻度取引は今、脚光を浴びていますが、高頻度取引を誰がどのようにして行っているのかだけでなく、このトレンドが市場に及ぼす影響に関係者は懸念を抱いているようです。高頻度取引は、ある特定の取引戦略が普及したことから活用されるようになったひとつの取引手法ですが、ヘッジファンドやプロップファーム、電子マーケットメーカーが今後もレイテンシーに敏感な戦略をとり続けると想定すると、高頻度取引は2009年第4四半期には米国における1日の株式取引量の42%を占め、さらに2010年第4四半期には54%まで増加すると見込まれます。

「高頻度取引はクォンツ系ヘッジファンドの戦略拡大やプロップファームの成長によってさらに活発化するでしょう。一部ではファンダメンタル分析とクォンツ分析が併用されていることから、今後は従来型の保守的な企業においても高頻度取引が利用されるようになるでしょう」とセレント・キャピタルマーケッツグループのシニアアナリストであり、本レポートを共同執筆したデビッド・イーストホープは述べています。

出典:セレント

「電子取引環境が進化した今、トレーディングにおいてはテクノロジーが競争の鍵を握るようになりました。執行アルゴリズムをうまく利用し、執行戦略を定期的に見直せば、バイサイドでも競争優位に欠ける点を埋め合わせることが可能です」とセレント・キャピタルマーケッツグループのアナリストで本レポートの共同執筆者であるシャーメイン・リーは付け加えています。

高頻度取引は地域によってその様相が異なります。アジアやラテンアメリカでは、今後数年での急速な普及が期待されますが、他地域に比べて規制が厳しく、取引所のマッチングシステムを含め、市場構造がやや後進的であり、この種の取引戦略の採用の障害となるでしょう。本レポートでは高頻度取引がもたらす影響をプラス面とマイナス面に分けて評価しました。そのほか、マーケットメーキングの電子化による流動性の供給、レイテンシーやテクノロジーを巡る競争、日中ボラティリティ、マーケットインパクトコストについても考察しています。

本レポートは21図と2表を含む37ページで構成されています。