ベンダー
English

インド銀行市場の概要

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2007/12/11
プラティマ・ラジャン

Abstract


インドの銀行市場は驚異的なペースで成長を続け、2010年までに預かり資産総額は1兆米ドル(約110兆円)に達するとみられます。成長の要因として経済成長、中産階級の台頭、技術革新などが挙げられます。

セレントの最新レポート「インド銀行市場の概要」は、経済成長や金融サービスを必要とする中産階級の増加を背景とする同市場の飛躍的な成長について検証しています。インド経済は年率8%のペースで成長を続けており、銀行の預かり資産は2001年から2006年にかけて年平均24%の伸び率を記録し、資産総額は2003年の3,744億米ドル(約41兆円)から2006年には6,161億5,000万米ドル(約68兆円)に増加しました。インドの銀行市場はいまだ国営銀行が支配しているものの、グローバル銀行が国内銀行に積極的な攻勢をかけるなど、民間銀行も勢力を拡大しつつあります。

インド中産階級の人口は3億2,000万人を超えています。経済成長に伴い、所得水準と生活水準が向上し、銀行商品に手が届くようになったことで、今後も持続的な成長が見込まれます。

インドの銀行業界では、個人や農村部を対象とする銀行業務の拡大に焦点を当てたIT改革が進行中です。各プレイヤーは顧客重視のアプローチを強めつつあり、新たな銀行商品やサービスを提供する斬新な手法が開発されています。銀行は規模拡大の重要性を認識するようになり、M&Aを通じてスケールメリットの活用やバーゼルⅡへの準拠を実現することに注目し始めています。

「インドの銀行の預かり資産総額は2010年には1兆米ドル(約110兆円)に達するとみられ、外国資本の受け入れ体制もより強化される見通しです。銀行業界は多数の中小プレイヤーではなく、グローバルな競争力を持つ少数の大手プレイヤーを育成することに努めるべきでしょう」とセレント銀行プラクティスのアナリストでレポート執筆者の プラシマ・ラジャンは述べています。

本レポートはインド銀行業界の概要とともに、様々なタイプの市場参加者や市場のニーズを分析しています。また、テクノロジーから成熟度に至るまで、市場を形作るトレンドや要素について検証しています。さらに、インド市場に眠る多大なビジネスチャンスをつかむために市場参加者が克服すべき様々な課題も明らかにしています。

本レポートは19図と7表を含む全44ページで構成されています。

注)米ドルから日本円への換算レートは、2007年11月30日の仲値(三菱東京UFJ銀行公表による)を参照。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
コーポレートバンキング, リテールバンキング
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米