ベンダー
English

テレマティクス大実験: 注目のイノベーションシリーズ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2013/11/25
クレイグ・ビーティ

Abstract


テレマティクスおよび利用ベース自動車保険は、近年大きく進化しています。しかし、人々が経済的メリットと引き換えに個人データを提供するかどうかはまだわかりません。

最新レポート「テレマティクス大実験」で、テレマティクス、利用ベース自動車保険は何か、そして何が起こりつつあるかを解説します。また、この最もホットなビジネスの将来に関する2つの仮説(帰無仮説と自己選択仮説)についても取り上げます。

Foursquare、Facebookなどのロケーションベース・サービスの普及は、人々がパブリックフォーラムに喜んで個人データを公表することを示唆しています。しかし、オートバイや自動車保険の割引のためにも同様でしょうか?これは、保険業界が世界中で行っている大実験です。まだ、その結果は出ていません。

「保険業界での数十年という豊富な経験を踏まえ、帰無仮説を固く信じる人がいる一方、同様に自己選択説を支持する人もいます。そして、成り行きを見守る人もいます」とセレント保険グループのシニアアナリストで本レポートの共同執筆者、クレイグ・ビーティは述べています。

本レポートはまた、自身の運転に関するリアルタイム・フィードバックをもらうことについて顧客はどう考えるかについての調査結果も掲載しています。


本レポートは、テレマティクスの発展状況を概観し、個人向け保険の将来に関する2つの仮説について解説します。「ウェビナー:テレマティクスと利用ベース自動車保険:多少のリスクか多大なリスクか」に付随して読んでいただくための短いレポートです。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米