ナスダック市場における注文執行クオリティ

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2006/05/24

Abstract


セレントは包括調査の一貫として、ナスダック上場銘柄を扱うマーケットセンターを比較評価しました。

セレントの調査では、約20億件の注文と約2,000億に及ぶ株式のデータを分析し、主要マーケットセンターの比較評価をしました。その結果、受領した注文に対する約定価格のクオリティではUBS、注文執行のスピードではBrutがそれぞれトップにランクされました。

約定価格 執行スピード
1 UBS Securities 1 Brut
2 イー・トレード 2 ナスダック
3 ベア・スターンズ 3 ArcaEx
4 Automated Trading Desk 4 Direct Edge ECN
5 Inet 5 Inet
出所:セレント

全体的に、ECN(電子証券取引ネットワーク)は執行スピードの点で優位性があり、マーケットメーカーは約定価格の向上という点で勝るという傾向があります。ただし、マーケットメーカー間の差異は極めて著しく、注文の数量・種別や銘柄の流動性によって大きく分かれました。

セレントのCEOで今回のレポートを執筆したオクタビオ・マレンジは、次のように述べています。「マーケットセンターによって、約定価格向上の頻度には大きなばらつき見られました。ランキングのトップグループでは、顧客の注文価格に比べて約定価格が向上した取引の割合が95%に達しています。一方、ランキングの下位グループには、価格の向上に非積極的なマーケットセンターもあります。このようなマーケットセンターで実際に約定価格が向上した例があるとすれば、それは偶然の結果によるものです。」

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
証券, ウェルス&アセットマネジメント, キャピタルマーケッツ, マーケッツ&トレーディング
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米