ベンダー
English

日本の銀行業界におけるIT投資動向:2011年

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2011/09/07

Abstract

(このレポートは日本語で2011年7月14日に発表しましたが、2011年9月7日にIT Spending Trends in the Japanese Banking Industry 2011"というタイトルで英文版を発行しました。)

日本の銀行業界が、2008年の金融危機をようやく乗り越え、新たな戦略を打ち出そうとしている矢先に、東日本大震災が発生し、業界 の先行き 不安が再浮上しました。しかし、日本の銀行業界は大きな前進を遂げるべく、新たな戦略を次々と打ち出し、戦略的なIT投資を継続するでしょう。

セレントの最新レポート「日本の銀行業界におけるIT投資動向:2011年」 では、日本の銀行業界のトレンドを踏まえながら、そのIT投資動向について分析しています。セレントの予測では、日本の銀行業界におけるIT投資額は 2011年3月期には1兆6,604億円、2015年3月期には1兆6,632億円にまで達する見込みです。2010年3月期から2015年3月期の CAGRは0.19%と、ほぼ横ばい状態が続くでしょう。

出典:セレント

「IT投資額に大きな変化はないものの、日本の銀行業界は新たなテクノロジー活用に肯定的であり、今後のトレンドの変化に注目が集まっています」とセレントのアジアグループのアナリストで、本レポートの執筆者である孔慶順は述べています。

本レポートでは、日本の銀行業界における市場トレンドおよびITトレンドについて詳しく分析し、銀行とベンダーに向けて、今後の戦略を提案しています。