ベンダー
English

サプライチェーン・マネジメント:企業における流動性管理

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2009/01/20

Abstract


(このレポートは2009年1月21日に"Supply Chain Management: A Source of Corporate Liquidity"というタイトルで英文で発表されましたが、日本語版を2009年9月29日に発行しました。)

企業は銀行に対して、伝統的な商品主導のアプローチから企業である顧客のニーズや期待に対する配慮や意識を高めたアプローチへの変革を迫っています。銀行は、企業がどのように流動性の向上を図っているか十分注視する必要があります。あらゆる企業にとって、サプライチェーン・マネジメント・プラクティスは追加的なキャッシュフローの源となっています。

セレントの最新レポート「サプライチェーン・マネジメント:企業における流動性管理」は企業によるキャッシュ・コンバージョン・サイクルや運転資金の最小化などについて調査し、企業がどのように代替的な資金調達源を探しているかを明らかにしました。その結果、今日の経済環境下では利益よりもキャッシュの方が戦略的要素として重要であることが浮き彫りとなっています。

銀行は、企業がいかに流動性の向上を図っているかを十分注視する必要があります。レポートの調査からは、企業がサプライチェーン・マネジメントを追加的なキャッシュフロー源として、また流動性向上の手段として重視するようになっていることがうかがえます。

レポートではまず、企業が運転資金の最適化に向けた規律あるプラクティスを採用することによって生じる具体的なメリットとビジネス機会について分析しています。次に、既存ビジネスのシナリオを説明しています。企業は新たな経済環境下で生き残るための戦略を打ち出しており、銀行がそうした変化についていくためには以下の点が求められます。

  • 革新性と柔軟性を備える
  • サプライチェーン・マネジメント・プラクティスを参照する
  • 業務プロセスを分析する
  • 顧客主導を打ち出す
  • 企業家精神を持つ
  • 積極的なスタンスをとる

「新しい事業環境の特徴は革新性と柔軟性といえるでしょう。企業が生き残るためには、革新性および柔軟性というコンセプトを実行可能な行動計画に転換させる能力が必要となります。企業の成長と持続性を実現する上で、サプライチェーン・マネジメント・プラクティスが戦略的な役割を果たすでしょう」とセレント銀行プラクティスのシニアアナリストでレポート執筆者のエンリコ・カメリネッリは述べています。

本レポートは16図と1表を含む40ページで構成されています。