ベンダー
English

金利リスク管理の現状:オリバー・ワイマンの調査から

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2012/09/17

Findings from an Oliver Wyman Industry Survey

Abstract

オリバーワイマン既刊レポート

金融危機の最中からその後にかけての金利環境は、まさに異常というほかありません。多くの国で金利は依然として過去最低水準にとどまっており、金融危機とその後の異例な金融政策の影響で、イールドカーブは急になっています。貸出残高の伸び、金融市場、銀行の事業環境、異例な金融政策(と最終的な変更)など様々なレベルの不確定要素に直面する金融機関(規模の大小を問わず)にとって、金利リスク(IRR)管理は難しい課題となっています。中でも、純受取利息を拡大しつつ、IRRを範囲内に抑えることは、金融機関にとって頭の痛い問題です。

オリバー・ワイマンは、北米の銀行18行を対象に金利リスク管理に関する調査を実施しました。その目的は、IRRの管理および測定実務を通じて、銀行がいかに不透明性に対処しているかを調査することにありました。最新レポート「金利リスク管理の現状」では調査結果やこれまでの経験をもとに、実務の進化を方向づける道筋を提示し、チェックすべき事項を示しています。また、銀行が市場の多様化や規制強化の動きにさらされる時代における、バランスシートの管理の意義についても論じています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
キャピタルマーケッツ, コーポレートバンキング, リテールバンキング, ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
銀行, リテールバンキング, コーポレートバンキング, ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート
拠点
北米