ベンダー
English

AML(マネーロンダリング防止)における先進的アナリティクスの利用: 効率・効果を高めるためのツールと技術

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/08/20
アリン・レイ

誤判定は顧客身元確認 (KYC) およびマネーロンダリング防止 (AML) における課題の中で最も注目を浴びる課題であるが、その根本的原因は従来使われてきたアップストリーム・データと分類手法にある。AIやマシンラーニングのような先端的アナリティクスは、そのような課題の克服に役立ち、効率・効果を向上する。

Key research questions

  • KYC・AMLで利用されているAI技術とは?
  • AIソリューションを利用できる分野とは?
  • AIソリューションを採用する際に検討すべきこととは?

Abstract

AIソリューションは、全ての問題を解決する唯一のソリューションというよりは、特定の課題を解決するための様々なケイパビリティを有するツールキットと考えるべきである。

•構造データ分析は、以下のようなAI技術により向上することができる。

線形分類器、時系列分析、主成分分析、クラスター分析、決定木分析、ニューラルネットワーク等。

これらのAI技術は、モデル調査、モデルチューニング、セグメント化、パターン解析、異常検出、予測スコアリング、およびシナリオ・オーサリング で利用することができる。

•非構造データ分析は、光学式文字認識、ロボティック・プロセス・オートメーション、自然言語処理のような、自動化および先進的分析ツールを利用することにより大幅に向上することができる。これらは、メディア分析、自動調査、レポーティング、および疑わしい取引の報告の提出において利用することができる。

•KYC・AMLでは、ROC曲線、グラフ分析、およびインタラクティブ・ドリルダウンのような高機能な視覚化ツールを利用することができる。これらの視覚化技術は、モデル調査、パターン発見、および調査効率を支援する。

業務自動化および先進的分析ツールの採用は、膨大な利益をもたらす可能性がある。それらの採用の成功には、フレキシブルなデータ処理業務、インフラ、ワークフロー、およびリソース管理ケイパビリティが必要である。

入力データの特徴および分類手法によってAMLプログラムのパフォーマンスが決まる

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米