ベンダー
English

ビジネスデータ戦略:保険引受と保険数理のケーススタディ

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2022/09/12

Abstract

本レポートでは、保険バリューチェーンにおける保険数理機能と保険引受機能をサポートする上で、データソリューションがどのような役割を果たしているかを見ていく。保険会社とテクノロジーベンダーは、フロントエンドの販売機能だけでなく、保険数理や保険引受などのバックエンド機能についても最新化を図っている。保険会社側から見ると、データを利用することで、保険引受モデルや保険数理モデルの作成プロセスがより効率化される。一方、ベンダーのプロファイルから言うと、こうしたベンダーはデータ、アナリティクス、AIを採用しており、プロセスに効率性をもたらすことが主な目的である。データとモデリングは、これらのソリューションの基盤である。通常、各事業部門でソリューションは異なっている。すなわち、ソリューションは主に生命保険、医療保険、商業保険、あるいは専門分野の保険を対象としているが、保険数理機能と会計機能のダッシュボード、保険引受データと保険数理データが入力される代理店のプラットフォーム、保険引受のためのセンサー技術、保険引受のサポートを行うAPI対応プラットフォーム、専門のデータサービスプロバイダーなど特定のユースケースがある。

保険引受機能と保険数理機能の変革および革新に関して保険会社の視点からは、明らかにニーズがある。データイニシアチブはイネーブラーになりうるものであり、保険会社はデータイニシアチブをサポートできるソリューションを認識する必要がある。セレントは、利用可能なソリューションを大別し、社内のニーズに合うベンダーの機能について初期評価のマッピングを提供する。