ベンダー
English

欧州における債券取引テクノロジー:パンドラの箱を開けるのは今

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2012/11/30

Abstract


債券市場は変化しつつありますが、その背景には欧州における経済危機の進行、ユーロをめぐる不透明感、世界的な金融システムの不安定化などがあります。安定性、安全性および透明性の向上を図るため、世界各地で規制強化の動きが強まっており、今も新たな規制の策定が進められています。

銀行、ディーラー、ブローカーおよび投資家は規制強化によって大きな影響を受け、環境の変化に対応するためにはソフトウェアベンダーからのサポートや製品導入を余儀なくされるでしょう。セレントの最新レポート「欧州における債券取引テクノロジー:パンドラの箱を開けるのは今」は、欧州債券市場が抱える様々な問題の解決に向けて一部の市場プレーヤーや外部のベンダー、社内開発者が考案している「破壊的技術」ソリューションを取り上げています。


「バイサイドやセルサイドが直面している問題を一気に解決できる魔法ランプ、などは存在しません。多くの市場プレーヤーは今こそパンドラの箱を開け、様々なソリューションを有効に組み合わせる方法を模索すべき時にきています」と、セレント証券グループのシニアアナリストでレポートを執筆したジョセフィン・ドゥ・シャズルネは述べています。

レポートでは、市場プレーヤーが抱える問題の解決に役立つとみられる様々なソリューションを紹介しています。

本レポートは22p、5図と4表で構成されています。