ベンダー
English

次世代のアドバイザーデスクトップ:効率化最前線

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/06/08
ウィリアム・トラウト

金融機関は、効率性の向上と顧客維持、クロスセールスを促す手段としてデスクトップテクノロジーへの投資に注力しています。

Key research questions

  • アドバイサー用デスクトップとは?
  • 何がデスクトップの導入を促しているか?
  • デスクトップの効率化を阻む縦割りデータをどうしたら克服できるか?

Abstract

アドバイザーのデスクトップは資産運用に関するあらゆる活動のハブとしての役割を果たし、顧客タッチポイントから得た情報をワークフローおよびバックオフィスに伝達するプロセスを監視するものです。アドバイザーによる顧客対応時間の増加が期待されており、これがデスクトップの導入を促す要因になっています。デスクトップの導入によってデータマートを通じて業務部門の垣根を超えたIDの照合が可能になり、組織全体の顧客取引を一覧でき、また、オンボーディングツールを使うことで、あらかじめCRMに顧客情報のシードを設定することが可能になります。

「アドバイザーは、常に進化する規制環境、拡大する顧客ニーズ、商品およびプロセス要件の変化に対応するためのサポートをデスクトップに求めています。」
「しかし、1980年代のワークステーションとは訳が違って、最新のデスクトップのコンセプトはデータ支配の巨大な力、さらに言えば顧客との関係自体をも意味しています」と証券プラクティスのシニア・アナリスト、ウィル・トラウトは話しています。

Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
ウェルスマネジメント
Subscription(s) required to access this Insight:
ウェルス&アセットマネジメント
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
欧州/中東/アフリカ, 北米