保険販売を再考する:チャネルのシフト

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
8 July 2017
カーリン・カーナハン

新たな販売チャネルの追加を検討する上で、最初の一歩となるのはそのチャネルについてよく理解することです。

Key research questions

  • 保険会社は現在、販売チャネルをどのように考え、活用しているか?
  • 保険会社は提携先の販売チャネルをどのようにシフトしているか?
  • 今後どのように販売チャネルの拡大が進むと予想されるか?

Abstract

保険商品の買い手は変化しています。彼らはインターネットに慣れ親しんでいるため、自分が好きな方法で保険会社とやりとりしたいと考えています。このようなニーズの変化に伴い、保険会社は新たな販売チャネルへの取り組みを進めつつも、既存のフランチャイズの価値や既存チャネルを維持する方法を見つける必要があります。

販売チャネルは爆発的に増加しています。保険会社はチャネルを拡大し、販売員を増やし、新たな領域にも進出し、既存チャネルを拡充することで、顧客の獲得・維持を目指しています。

「独立系エージェントと提携しつつもその他のチャネルを試す動きが広がっている」


本レポートは販売チャネルに焦点を当て、一般的な取り組みはどんなものであるか、また、新たなトレンド、今後の見通しを示します。レポート執筆にあたり、主要保険会社の実際の動向を把握する調査を実施し、その中で①保険会社は販売チャネルをどのような体制で管理しているか②どのようなテクノロジーを利用しているか③どのような課題に直面しているか―を問いました。さらに、一般に公開されている事例の中からこの分野のトレンドを示す20以上のケースを紹介しています。

sign in or register to read more

Insight details

種類
レポート, オンラインセミナー
内容
業界動向, イノベーション/最新テクノロジー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米