北米の勘定系システム: 大手グローバルベンダーの市場参入

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
13 November 2017
スティーヴン・グリーア

米国の勘定系システム市場では大手グローバルベンダーが存在感を強めており、米国内を主戦場とする金融機関のシステム選定でもショートリストに含まれるようになってきています。

Key research questions

  • 北米市場の勘定系システムのトレンドは?
  • 同市場の有力ベンダーは?
  • 現在の市場動向が示唆することとは?

Abstract

勘定系システムの大手グローバルベンダーにとって、米国は今もなお最も大きく最も魅力的な市場です。国内ベンダーの再編に伴い、既存の勘定系システムの開発に携わる人材が減った結果、グローバルベンダーにとってビジネスチャンスが生まれています。

本レポートでは、大手グローバルベンダーが北米向けに投入している勘定系システムを詳しく評価分析するものです。

勘定系システムのリプレースは金融機関にとって最も重大な決断の1つです。本レポートは、勘定系システムの選定において大きく役立つでしょう。

大手グローバルベンダーは、かなり以前から米国市場への進出を視野に入れ、足掛かりを作るために積極的な投資を行ってきました。世界で最も多くの金融機関が拠点を置く米国は、投資に見合うだけの魅力がある市場です。現在は国内ベンダーの勢力が強く、参入障壁が非常に高い市場ですが、一部の海外ベンダーは成果を挙げ始めています。

国内金融機関の勘定系システムの選定において、海外ベンダーをメインの候補とする日も近づいているとセレントは見ています。米国市場における勘定系システムのリプレースは確実に転換期に近づきつつあります。これは、海外ベンダーにとって市場参入の重要な一歩となるでしょう。

sign in or register to read more

Insight details

種類
レポート
内容
ベンダー評価
拠点
北米