次世代の投資/リスク・テクノロジーの導入 (アセットマネージャー編)

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/10/30
キュビラス・ディン

競争が激化するデジタルの状況についての考察

Key research questions

  • 目的に適した投資ITアーキテクチャとは?それはどのようにイノベーションをもたらすか?
  • 次世代アプローチおよびレガシーシステムの最新化によって、企業はいかにして最大限の利益を得るか?
  • テクノロジーを導入し、導入リスクを回避するために、企業が採用可能な手段および戦術的ガイドラインとは?

Abstract

近年の競争の激化は、投資会社が根幹的問題、特に利益低下や、業界を一新する構造的変化に対応するビジネスケースに取り組むための、実態把握や活性化のための触媒の役割を果たしている。投資マネージャーが差別化およびアルファの根拠を探し求める時、それを得ることができる3つの方法がある。すなわち、よりよい情報の取得、より速い情報処理、そしてより知的な情報処理である。

投資業界は転換点にあるとセレントは考えている。次世代テクノロジーおよびフィンテック改革は投資バリューチェーンを変えており、新しい提案は、より良くより安価な投資ソリューションへのアクセスを提供している。フィンテックの誇大宣伝は減少したが、運用マネージャーの間では新たなレベルの自動化およびデジタル化への需要が高まり続けている。デジタル・アプローチとデータサイエンス・テクノロジーは、投資マネージャーが、意思疎通に関してインパクトを生み出し(より良いワークフロー・情報のハーモナイゼーション)、投資最適化のためによりアジャイルなアプローチを促進し、よりタイムリーで正確な予測モデル・予想を構築することを可能とするだろう。

遅れを取り戻す作業を回避するために、投資会社は古い物の再調整と、新しい物の取り込みを同時に行う方法を見つけなければならない。近い将来投資会社は、テクノロジーの進化が理に適う場合は実用的な方法を採用し、理に適わない場合にはレガシー・アセットを活用する必要がある。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米