ベンダー
English

北米金融機関の緩やかな進歩: セレント支店変革調査シリーズ パート7

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/09/29

支店チャネルの変革について、銀行はより現実的な認識を持っているようです。

Key research questions

  • 米国の金融機関における「ブランチ・トランスフォーメーション」の意味とは?
  • 支店チャネルの変革に向けた銀行の現在地は?変革を実現するまでの時間軸は?
  • 支店変革が行き着く先の未来像とは?

Abstract

米国の支店チャネル変革の状況について、初めての調査を行ってから2年が経過した今、改めて進捗状況を確認しました。

本レポートは、セレントが実施する「支店変革調査パネルシリーズ」の第7弾です。北米で広がる「ブランチ・トランスフォーメーション(支店チャネルの変革)」の目的や優先順位、リスク、課題点、そして成果について詳しく検証しています。本調査の回答者は、セレントのクライアントを含む多くの銀行の中から選ばれました。

今回の調査は2015年4月の前回調査とほぼ同じ内容で実施し、過去2年間の進捗を把握することを目的としました。調査の結果、銀行の取り組み(特に人材面)に進展は見られたものの、課題はなお山積している状態で、回答者たちは3-5年程度の時間が必要になると見ていることが分かりました。