ベンダー
English

保険におけるブロックチェーンのユースケース評価ガイド【抄訳版】

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2016/09/12
マイク・フィッツジェラルド

Abstract

(英文レポート"Choosing Blockchain Use Cases in Insurance: Guiding the Hammer Toward the Real Nails"の重要部分を抽出し翻訳しました。)


分散化帳簿テクノロジー(DLT)はいわば「ハンマー」で、多くのソリューションは「クギ」のように多数見えています。そして、どの「クギ」を「ハンマー」で打てばよいのか、わかりづらくなっている、とレポートは指摘しています。これは他の有望な最新テクノロジーでも同様です。現在検討されているアプリケーションの多くは、他の多様なプラットフォームで構築可能です。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 DLT(分散型帳簿)のユースケースはどのような基準で評価すればよいか?

2

個別のユースケースは評価基準に照らすとどのように特徴づけられるか?
3

保険会社にとってDLT(分散型帳簿)活用の次のステップは何か?

そこで、本レポートでは、保険会社がDLTソリューションを評価し、自社にとって最適で、最大のリターンを生む可能性のあるものを見極めるためのツールを紹介しています。セレントはSantander InnoventuresのPascal Bouvier氏と共同で、保険特有の4件のユースケースを6つの評価基準にもとづいて分析し、先駆的な取り組みを導入する際、考慮すべき事項を提示しています。

「保険会社は、テクノロジーが自社に及ぼす影響をより正確に把握するためのテストを行うべきでしょう。ただし、概念実証プロジェクトを選定するにあたっては、DLTに特有な考慮すべき条件があります。それらを無視すれば、失敗のリスクが高まってしまいます」と保険プラクティスのシニア・アナリストであるマイク・フィッツジェラルドは指摘しています。

英文全文レポートはDLTをめぐる短中期的な(今後1~3年間)動きについても展望し、4図と7表を含む22ページで構成されています。抄訳版は2表1図を含む10pです。


Subscription required

このコンテンツ全文をご覧いただくには購読が必要となります。

購読アカウントをお持ちの方はこちらから sign in ください。 無料アカウントは register nowからお作りください。 概要全文や無料コンテンツなどをご覧いただけます。

Insight details

分野
生命保険, 損害保険
Subscription(s) required to access this Insight:
保険, 生命保険, 損害保険
種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米