AIを活用した誤判定の抑制 Part 1: 検知機能とユースケース

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2018/05/30
ジョアン・マッゴーワン

AIの支援により、誤判定の大幅削減が可能となる。

Key research questions

  • 誤判定に注目する理由は?
  • なかなか減らない大量誤判定の原因は何か?
  • 誤判定削減のために役立つテクノロジーとは?

Abstract

ルールベース・シナリオは誤判定レートを制御できず、金融業界におけるコンプライアンスプロセスは殆ど制御不能となっている。今後数年に亘るAIの急速な導入は、金融機関における誤判定削減を含むコンプライアンス負担の軽減に役立つとセレントは予測している。このレポートシリーズのPart 1(本書)では、金融機関のリスクプロファイルを変えることなく誤判定を削減し検出漏れを発見するためにAIを活用している事例について考察している。近日発行予定のPart 2では、大量誤判定の課題解決に役立つAIテクノロジーを既に導入した、または現在導入を検討している13社のベンダーを紹介する予定である。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米