ベンダー
English

レガシーシステム現代化戦略への指針

Create a vendor selection project
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
We are waiting for the vendor to publish their solution profile. Contact us or request the RFX.
2015/04/14

Abstract


保険会社による最大のIT投資のうちの1つは、レガシーシステムの現代化でしょう。保険会社は、そのための最適な戦略をどのように選んでいるのでしょうか。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 レガシーシステムの現代化はどのような成果をもたらすか?

2

レガシーシステムの現代化に向けた4つの基本戦略とは?
3

レガシーシステム現代化の戦略をどのように選択するか?

本レポートでは、レガシーシステム現代化の4つの基本戦略として、以下を挙げています。

  1. 市販のパッケージ製品と置換する。
  2. 一からプログラムし直したシステムと置換する。
  3. ルール、BPM、文書管理、ポータルなどを使ってシステムのラッピングおよび拡張を行う。
  4. 継続的な機能向上:年次計画に基づいて機能を向上させる。

また、保険会社が戦略を選ぶ際のファーストステップとして答えを出すべき質問をフローチャート(イエス・ノー方式)にして示しています。

「より分析的な方法もあります。すなわち、自社のシステムが抱える欠点と利点の種類およびレベルを把握し、フローチャートの質問に答えた上で、他の戦略の選択肢をより詳細に分析する方法です」とセレント保険グループのリサーチディレクターでレポートを執筆したドナルド・ライトは述べています。