銀行の合併とテクノロジー: テクノロジー投資による高いコスト効率の実現

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2019/05/20
クレイグ・フォカルディ

本レポートでは、銀行の合併におけるテクノロジーの戦略的影響についてのセレントの見解を示している。

Key research questions

  • 銀行の規模によって効率性はどのように変化するか、その理由は?
  • 銀行の効率性および合併におけるテクノロジーの役割とは?
  • 今後銀行の合併は増えるか、テクノロジーはどのように役立つか?

Abstract

金融機関には収益を増やし、コストを管理し、収益性を向上する多くの方法がある。すなわち、地理的拡大、商品導入、合併・買収、テクノロジー・トランスフォーメーション等である。M&Aは常により高いコスト効率に結び付くと考えられている。しかし、それは常に当てはまるだろうか?そうだとしたら、それはどのように達成されるのか?

本レポートでは、合併における相乗効果およびコスト削減を推進するものと、それらの相乗効果の実現の可能性および実現される割合について評価した。更に、銀行の合併へのテクノロジーの戦略的影響についてのセレントの見解を示し、テクノロジーの業務効率への影響を調査している。又今後の展望を述べ、収益成長、コスト管理、激化する競争への高まるプレッシャーに金融機関はどのように対応すべきかの指針を提供している。

Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

ログインして詳細を読む

Insight details

種類
レポート
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米