生命保険業界ではなぜドローンが使われないのか?:イノベーションの阻害要因は何か?

Create a vendor selection project & run comparison reports
Click to express your interest in this report
Indication of coverage against your requirements
A subscription is required to activate this feature. Contact us for more info.
Celent have reviewed this profile and believe it to be accurate.
2017/01/22
トム・スケールズ

What Is Holding Back Innovation?

Abstract


生命保険業界ではなぜドローンが使われないのでしょうか。この質問の意味は、なぜ生命保険分野のイノベーションは保険の他の分野より遅れているのかというものです。

KEY RESEARCH QUESTIONS
1 生命保険業界ではなぜドローンが使われないのか?

2

業界が踏み出せない理由は何か?
3 生命保険会社はどうすれば風に乗ることができるか?

ウェアラブルやアナリティクスは生命保険分野にも新たなテクノロジーやアイデアをもたらしていますが、基本的なプロセスおよびアプローチはここ数十年(数百年とは言わないまでも)変わっていません。生命保険商品の販売およびサービスプロセスは事実上停滞しており、業界の未来のためには我々の思考を根本から変えなければなりません。

「生命保険業界は、イノベーションという点で他の保険分野に後れを取っています。損害保険や医療保険分野には魅力的な新商品が投入されていますが、生命保険分野ではそうした動きはほとんど見られません。」
「画期的なイノベーションの事例もいくつか出てきており、そうした動きがさらに加速することを期待しています」と保険プラクティスのリサーチディレクター、トム・スケールズは述べています。


Subscription required

Access to this content requires a Celent research subscription.

Subscribers should sign in to access this research.

If you are not a subscriber, register now or contact us to find out more about our subscription options.

Insight details

分野
種類
レポート, オンラインセミナー
拠点
アジア, 欧州/中東/アフリカ, 南米, 北米